blog

 

2016-10-09

金子と向井の引力。

心配されていた雨も上がり、
金子國義+向井理依子展、いよいよ始まりました。

開廊前から、熱心な向井ファンの方々が
お集りくださり、期待はいやが上にも高まります。

%e5%88%9d%e6%97%a52

階段下の踊り場の装飾は、
colléのプロデューサーYUKOによるもの。

そして、caveへ。

%e5%88%9d%e6%97%a51

初日ということもあり、大勢のお客さまに
お越しいただいています。

今回の、金子國義作品を額装した感想を
向井先生からコメントいただきました。

魅力的で意味深な男女。
大人びた少年や少女。
金子國義作品に描かれる人物はかわいらしいだけではなく、
秘密めいた雰囲気が漂っています。

この春には作家が急逝して1年と言うこともあり、
いろんな場所で作品を見る機会がありました。
たくさんの作品を見て、たくさんの作品を前にして
どっぷりと金子國義の世界に浸かった制作期間。
あるときは退廃的で妖しい雰囲気を強調したり、
モードのアイコンになりそうな作品には
モダンでかわいらしいデザインに仕上げたり。
額装のデザインを考えるのはわたしにとっては
新鮮で楽しい時間でした。
お預かりした作品は15点、
同じデザインのリトグラフでも額装によって
異なる雰囲気に仕上がっているところもお楽しみください。

向井理依子

とっても嬉しいことに、
向井先生のファンの方だけではなく、
通りすがりの人も、ふらっと立ち寄ってくださいます。
まさに、金子國義と向井理依子の引力が感じられます。

%e5%88%9d%e6%97%a55

%e5%88%9d%e6%97%a54

今回は、向井先生の額装作品だけでなく、
画廊の倉庫に眠っていた
写真集やポスター、版画作品なども販売しています。

会期は、来週日曜日16日まで。
毎日10時から18時までの開廊です。
本当に見逃せない作品の数々です。
ぜひ、ご覧くださいね。