blog

 

2021-04-08

土田善太郎さんインタビュー

ただいま、colléで絶賛開催中の七宝焼個展。

夢色の七宝に魅せられて 土田善太郎作家生活55年展
4/6(火)〜12(月)10:00〜19:00
※初日は13時から最終日は18時まで
※入場無料

七宝焼の概念を覆す斬新な作品群を、次々と生み出す、御年81歳の巨匠。
その人間像は自由な創造性を何より大切にする、アーティストそのものでした。

colléのフリーペーパー「collé Do?」にも掲載した、土田先生のインタビュー記事をこちらにも再掲します。
ぜひお読みください。

自由な表現にこだわり続ける81歳のアーティスト
七宝焼作家:土田善太郎さん インタビュー

夙川在住の七宝焼作家・土田善太郎さん。80歳を超えてなお、現役の作家であるだけでなく、SNSのライブ中継で工房の様子を発信するなど、新しいことにも積極的に取り組まれています。
七宝焼と聞くと「伝統工芸」や「徒弟制度」というイメージが強いですが、土田さんの経歴は、そんな先入観を覆す、意外なものでした。

きっかけは教室通い⁈

CD:この道に進むことになったきっかけをお教えください。
土田:1964年に大学を卒業してサラリーマンになってね。会社の近くに七宝焼の教室があって、そこに通い始めたのがきっかけ。
当時は七宝焼がブームで、そこら中に教室があってね。特に女性には人気の習い事だったんだよ。
それで、やり始めたら性に合ってた。しばらく習ってたら、いろいろ作品ができるでしょ?それを周りに売ってたら、月給ぐらい稼げてしまった。
サラリーマンも合わないなぁと思っていたし、元々モノづくりは好きだったから、こっち一本でやっていくか、と独立したんだ。

早いのが良い

CD:今、サラリと仰いましたが、教室で数カ月学んだだけで、月給分も売れるなんて、凄いですよね。七宝のどこが性に合ったんでしょう?
土田:とにかく結果が早いのが良い。例えばガラス作品だと、冷ますのに1日かかるけど、七宝は焼く時間が長くて2分。冷やすのも5分あれば充分。それで出来が悪かったら、また釉薬塗り直して、焼き直すこともできる。せっかちな僕にはピッタリだったんだね。あと、場所もそんなに要らない。机と電気炉、釉薬置く場所があったらできるから、気楽なんだよ。
CD:七宝焼のイメージが、どんどん変わってしまいます(笑)。
でも、結果的に生涯の仕事となった。秘訣はなんですか?

無理難題に応える

土田:時代としては、七宝は衰退していた。戦後、大量生産品としての七宝焼は樹脂にとって代わられて、歴史のある工房もどんどん潰れていた。昔と同じでは、食べていけないようになったんだね。
だから、若いときは問屋やメーカーさんから注文があったら、どんな無理難題でもなんとか応えようと、いろいろ試行錯誤した。それで鍛えられたなぁ。
例えばアクセサリーとか、毎回新しいデザインを自分でつくらなければならない。通り一遍のことでは、飽きられるから、斜めに釉薬入れてみようとか、焼いてから叩いてみようとか、いろいろ頭をひねる。
そうやって、工夫と発見を積み重ねてきた。それが自分の作品づくりを豊かにしてくれたし、そういう自由さが、自分には合ってたんだね。

自由に、もっと自由に

CD:今に続く自分のスタイルを、磨き上げたということですね。
土田:既成概念に囚われず、新しいことを模索するっていうのは、今でもずっとそうだね。
僕はね、技術を極める職人にはなれないし、目指してもない。画家がキャンバスに油絵を描くように、銅板に釉薬を塗って焼く、そういう作家なんだね。自由と創造性が何より大切なんだ。
僕も80歳超えたし、もうとにかく、売れなくてもいいから、自由につくっていきたい。それもたくさん。それが今の目標だね。

略歴
1939:福井県に生まれる
1964:福井大学(工学部)卒業
1966:七宝を始める
1967:工房UncleZ主宰。七宝焼作家として独自の世界を展開。
国際七宝展出展 優秀賞入賞など受賞多数。
東京・大阪・神戸などを中心に個展も多数開催。



2021-04-05

4月6日(火)から「夢色の七宝に魅せられて」!

さぁ、新年度。
桜もそろそろ見納めとなった街の中には、
新社会人・進学・進級したフレッシュな若者たちが目立ちますね。

colleでも、新年度にふさわしい、素敵な展覧会が始まります。

夢色の七宝に魅せられて 土田善太郎作家生活55年展
4/6(火)〜12(月)10:00〜19:00
※初日は13時から最終日は18時まで
※入場無料

作家生活55年展というサブタイトルにもあるように、
御年81歳の熟練の作家さんの個展です。

土田善太郎さんは、夙川在住。
超ベテランの七宝焼作家。と聞くとなんだか身構えてしまいますが、
実際にお話しさせていただいた先生は、とっても気さくでユーモアもいっぱい。
そして自由闊達で、とても感覚がフレッシュなのです。

お人柄同様、作品も七宝焼のイメージにとらわれない、自由な発想が特長。
SNSのライブ中継を駆使して、創作の過程を発信するなど、
老いてなお旺盛な創作意欲と、瑞々しい感性を併せ持つ土田善太郎の世界を、ぜひご覧ください。

追記
今のcolléの見どころの一つが、南庭の桜です。

約8年前の、collé開業の際にお庭に植えた八重桜ですが、
スクスクと育ち過ぎて、colleのキッチンからは、あっという間に
幹しか見えなくなっていました。
しかし今、南側の建物が建て替えのため更地になっているので、
綺麗に咲いたお花も見ていただけます。

まさに、今だけしか見られないスペシャルな八重桜。
ぜひ、展覧会にお越しの際はご覧になってください
(って、実は去年も言った気がするんだけど…・笑)。



2021-03-06

3月7・8日はBlooming Market

早いもので、2021年も、もう3月。
暖かい日もどんどん増えてきて、いよいよ春本番です。

colléでは、春の到来に合わせて、華やかなイベントが開かれます。

Blooming Market 〜花盛りの2日間〜
3/7(日)・8(月)11:00〜18:00

芦屋・苦楽園を拠点とするさまざまな
メゾン・サロンが集まる、colléのマーケット。

昨年末、第一弾のクリスマスマーケットを開いたところ、
大好評をいただき、早くも第二弾が実現しました。

今回も、前回同様、素敵なメゾンが集まりました。

主催されるのは、苦楽園の人気ブティックから、ネットショップへ転身されたChouetteさん。
今回は、春夏のトレンドアイテムを多彩にラインアップ。

写真右下に、ケーキがあるのが見えるでしょうか?
実はChouetteのオーナーである、ヒロさんは元プロのパン職人?!
スイーツづくりは文字通り玄人はだし。
今回もこだわりの手づくりケーキを数量限定で出品されます。

そして、前回も大人気だったフローリスト・cherishさん。

芦屋でパリスタイルのフラワーアレンジメントのサロンを開かれています。
今回は、岡山県の船穂スイートピーを中心に、春のお花のブーケを出品されます。

こちらは、エッセンシャルオイル(アロマ)ストーンの、
Zuemie’s Essentialoil Stoneさん。

香料にグレードの高い天然精油のみを使用した、こだわりのエッセンシャルオイルストーンを用いた雑貨小物を扱われています。
今回はクローゼットの引き出し用ストーンや、壁やドアノブに掛けられるイニシャルクッションサシェオーナメント、お花のHappy Sachet 、置き型のクッションサシェなどを出品されます。

そして、colléではすっかりお馴染み、アヴィニョンのりゅうさん。

colléの開業当時から、お花のレッスンをずっと開いてくださっていたアヴィニョンのりゅうさん。
今はご自宅にとても素敵なサロンを開かれていますが、久しぶりの里帰り。
今回はアーティシャルフラワーでの参戦です。

そして、こちらもお馴染み。
アヴィニョンのりゅうのご夫君のシェフパティシエがつくられたコンフィチュールです。
市販のものとは、一味もふた味も違う、濃厚な美味しさなのです。

そして、デビューしたてのアロマワックス工房・Saxifragaさんも登場です。

長年フローリストとして活躍してきた経験から、咲き誇るお花だけでなく、ドライフラワーや実など、花の最期の美しさまでも伝えたい、との想いからアロマワックスをつくられています。
今回は、ミモザとスイートピーを使った、アロマワックスを出品されます。

いかがです?ラインアップされる商品もそれぞれ魅力的ですが、何と言ってもそれぞれのサロンを主宰されている女性たちが、皆さん本当に素敵なのです。
このキラキラのメンバーで開かれる、Blooming Market。
文字通り、花盛りの2日間となること疑いナシ。
ぜひ、お見逃しなく!



2021-02-06

2月6日より、細井勉展

本日2月6日より、colléで絵画の個展が開かれます。

細井勉展
2/6(土)〜11(木)11:00-18:00
※最終日は17時まで

芦屋市在住、細井勉さんによる絵画の個展です。

細井さんは、元は美術の先生。
神戸の市立中学校や特別支援学校の先生を歴任し、
現在は悠々自適に絵画を楽しまれています。

もしかしたら、「あれ?私教えてもらってた!」
という方も、いるかもしれませんね。

昨日、搬入・設営をされていましたが、
作品は実に多彩で、動物、風景、そして立体と多岐にわたっています。


こちらエントランスで、出迎えてくれる
細井家の愛犬MOMOちゃん。
なんと18歳だそう。


芦屋市民にとっては、馴染み深い風景ですね。
本当に、マリーナにお散歩に行ったような気分になれます。


立体物も素敵ですね〜。

どの作品も一見の価値がある、充実の個展です。
ぜひ、ご覧ください。



2021-01-25

1月27日は、スペイン現代絵画二人展

1月27日(水)、colléで絵画展が開かれます。
それもはるか彼方、スペインの作家さんの二人展なのです。

イサベル・フラド&ラファエル・アギレラ絵画展
1月27日(水)11:00〜17:30
※入場無料

スペイン国王フェリペ6世の美術教師を勤めた、イサベル・フラド。
同じくスペイン王室御用達の画家である、ラファエル・アギレラ。
現代スペインを代表する二人の画家の絵画が、
縁あってcolléで展示されます。
今回は、とりあえず1日限りの展示となります。
お見逃しなく。

作家略歴

Isabel Jurado Cabañes
(イサベル・フラド・カバーニェス)
1950年マドリード生まれ。
美術博士(マドリード、グラナダ大学)。
スペイン・コンデス・デ・サンタアナ宮殿美術館にて作品が永久展示。
ヨーロッパ諸国ほか、北中米、サウジアラビア、中国、日本などで個展を開催。
スペイン王室御用達画家、スペイン国王フェリペ6世の美術教師。


Rafael Aguilera Baena
(ラファエル・アギレラ・バエーナ)
1943年コルドバ生まれ。
美術博士(マドリード、グラナダ大学)。
スペイン・コンデス・デ・サンタアナ宮殿美術館にて作品が永久展示。
ヨーロッパ諸国ほか、北中米、サウジアラビア、中国、日本などで個展を開催。
スペイン王室御用達画家。