blog

 

2017-05-12

5月16日(火)から、黒田ひろしパリの油彩画展

一週間のご無沙汰でした。
G.W.が終わっても、気持ちの良いお天気が続きますね。

さて、来週火曜日から、12日間に渡る油彩画展が始まります。

黒田ひろしパリの油彩画展
「照らされる街~Une ville qui est éclairée~」

5/16(火)〜5/28(日)11:00〜18:00
入場無料
運河のきらめきF6

パリに暮らし、その街角の風景や、
そこに生きる人を描き続ける画家・
黒田ひろしさんの個展です。
フーガF10

黒田さんは、川西市のご出身。
美大を卒業後、ロンドン芸術大学ロンドン・カレッジ・オブ・ファッション、
ベルギーアントワープ王立美術アカデミーで学び、
渡仏しデザイナーを目指されます。

その後、2010年から活動の中心を画業に移され、
パリで制作活動を続けられているそうです。
227サン・ルイの輝きF6

日本での個展は2012年を皮切りに、現在まで20回を数え、
2016年には、あべのハルカス近鉄本店で個展を開かれています。
プティ・カフェF6

12日間の会期中、黒田さんご本人も在廊されるとのこと。
パリの風景の中に、遊びにいらっしゃいませんか?