blog

 

2021-02-06

2月6日より、細井勉展

本日2月6日より、colléで絵画の個展が開かれます。

細井勉展
2/6(土)〜11(木)11:00-18:00
※最終日は17時まで

芦屋市在住、細井勉さんによる絵画の個展です。

細井さんは、元は美術の先生。
神戸の市立中学校や特別支援学校の先生を歴任し、
現在は悠々自適に絵画を楽しまれています。

もしかしたら、「あれ?私教えてもらってた!」
という方も、いるかもしれませんね。

昨日、搬入・設営をされていましたが、
作品は実に多彩で、動物、風景、そして立体と多岐にわたっています。


こちらエントランスで、出迎えてくれる
細井家の愛犬MOMOちゃん。
なんと18歳だそう。


芦屋市民にとっては、馴染み深い風景ですね。
本当に、マリーナにお散歩に行ったような気分になれます。


立体物も素敵ですね〜。

どの作品も一見の価値がある、充実の個展です。
ぜひ、ご覧ください。



2021-01-25

1月27日は、スペイン現代絵画二人展

1月27日(水)、colléで絵画展が開かれます。
それもはるか彼方、スペインの作家さんの二人展なのです。

イサベル・フラド&ラファエル・アギレラ絵画展
1月27日(水)11:00〜17:30
※入場無料

スペイン国王フェリペ6世の美術教師を勤めた、イサベル・フラド。
同じくスペイン王室御用達の画家である、ラファエル・アギレラ。
現代スペインを代表する二人の画家の絵画が、
縁あってcolléで展示されます。
今回は、とりあえず1日限りの展示となります。
お見逃しなく。

作家略歴

Isabel Jurado Cabañes
(イサベル・フラド・カバーニェス)
1950年マドリード生まれ。
美術博士(マドリード、グラナダ大学)。
スペイン・コンデス・デ・サンタアナ宮殿美術館にて作品が永久展示。
ヨーロッパ諸国ほか、北中米、サウジアラビア、中国、日本などで個展を開催。
スペイン王室御用達画家、スペイン国王フェリペ6世の美術教師。


Rafael Aguilera Baena
(ラファエル・アギレラ・バエーナ)
1943年コルドバ生まれ。
美術博士(マドリード、グラナダ大学)。
スペイン・コンデス・デ・サンタアナ宮殿美術館にて作品が永久展示。
ヨーロッパ諸国ほか、北中米、サウジアラビア、中国、日本などで個展を開催。
スペイン王室御用達画家。



2021-01-02

明けましておめでとうございます。

2021年が始まりました。

相変わらず世の中は大変な状況が続いていますが、
ワクチンのニュースなど、明るい兆しも見えてきたようです。

colléのお正月飾りは、今年も邪気を払うと言われている卯杖。
古代から神事に用いられてきたヒカゲノカズラを使い、
新しい一年の平穏を祈りながらつくりました。

2021年、今年はきっと上向きになるしかありませんよね。
新しい年も、どうぞよろしくお願いいたします。



2020-12-18

12/18〜20は、YARN & COPPER POP UP SHOP!

クリスマスを前に、日本には強烈な寒波がやってきましたが、
colléには、見逃せない展示販売会がやってきました!

YARN & COPPER POP UP SHOP
12/18(金)〜20(日)11:00 – 17:30
※初日は12:00から ※最終日は16:30まで

colléではすっかりお馴染みとなった、YARN & COPPERさん。

芦屋在住のイギリス人アーティスト、
David Bateman(ディビッド ベイトマン)さんと、
奥様のAi Batemanによるオリジナルプリントレーベル。

東京・大阪はもちろん、世界各地のセレクトショップで
取り扱われている、というだけあって、本当に素敵なアイテムが揃っています。
colléスタッフも、開催の度についつい何かしら買ってしまう、という
恐ろしい(笑)イベントなのです。

今回は、なんと3年ぶりとなる、秋冬物のサンプルだそうで、
うーん、また財布に寒波がやってきそうです(COPPERだけに)。

20日(日)までの開催です。
ぜひお見逃しなく!



2020-12-15

宿り木サシェのクリスマスリース。

世界中がみんな大変だった2020年。

それでもクリスマスはやってきます。
こんな一年だったからこそ、心豊かにノエルを迎えられるように。
そして、来年こそ良い一年になるようにと祈りを込めて。
急ですが、クリスマスリースをお売りすることにしました。
それも、手づくりの宿り木サシェをつけて。

お近くにお住いの方なら、いまcolléの前に大きな宿り木があるのをご存知でしょう。


この宿り木から少しずつ、丸い実の付いた枝をもらって、
アロマワックスのサシェをつくりました。

宿り木は、フランスや北ヨーロッパでは、幸福をもたらし、
災いや悪霊から守ってくれる植物として、ノエルや新年に飾られます。

その花言葉は「困難に打ち克つ」。
まさに、今の世界に必要な言葉ですよね。

でも、そのパワーの強さとは裏腹に、宿り木はとても繊細
(きっと、他人のために力を使い過ぎて短命なのですね)。
切り花にして、リースに混ぜてもあっという間に落ちてしまいます。
だから、せめてクリスマスからお正月ぐらいまでは
一緒に過ごせるように、とサシェに閉じ込めました。

⁂ヤドリギのサシェ付きスワッグ⁂
15cm×30cm
3500yen
限定20個

ご希望の方は、
ashiya@colle.meまで。

ちなみに、今回お売りするサシェやリースは、
colléのプロデューサーで、フローリストのYUKOのオリジナルです。
連日、地下のcollé caveで、思いを込めながら、こしらえています。

厄除けの他に、「命の根源」や「恋愛の象徴」とも言われ、
大切にされている宿り木のサシェ。
来年こそ、きっと良い一年になりますように。