blog

 

2019-08-10

大人気企画!フランス額装ワークショップ予約開始!

暦の上ではすでに秋だそうですが、いやはや、とても秋の予定なんて考えられる気温ではありませんよね。
でも、秋のイベントの告知はもう、待った無しなのであります。
今回ご紹介するのは、colléでも指折りの人気企画!

フランス額装ワークショップ「Art d’encadrement」
9/14(土)11:00〜/15:00〜(各1時間半程度)
※要予約(定員になり次第、締め切らせていただきます)
参加費:6,000円(材料費込み)
※額装したいポストカード、写真、絵などをお持ちください。
お問い合わせ・お申し込み:ashiya@colle.meまで

このブログをお読みの方なら、もうご存知ですよね?
フランスで額装家の国家資格を取得された向井理依子先生のワークショップです。

フランス額装は本来、極めて高い技術が必要とされますが、向井先生のワークショップでは、絵画や写真、ポストカードなどを、簡単に、しかもとても素敵に額装できる、と言うことで、毎年colléでも大人気の企画です。

向井先生は、もちろん自前でお教室もされていますが、もうずっと一杯で、新しい生徒さんを募集されていないので、colléのワークショップは貴重なチャンスでもあります。

毎年、完売の大人気企画。お早めにお申し込みくださいね!



2019-08-08

決定!「南里章二の全世界紀行Vol.3〜南米編〜」!

お暑うございます。


この空の青さ!

記録的に晴れ間のない7月だったのに、梅雨明けと同時にデタラメな猛暑が襲って来ましたね。
みなさまお変わりありませんでしょうか?

あまりにも暑すぎて、ホントに仕事が進まないcolléですが(いつも、とも言う)、このイベントだけはお知らせしないわけにはいかない、と久々のブログ更新です。

そうです、毎度大好評の「南里章二の全世界紀行」いよいよその第3弾が決まりました!

【特別授業】南里章二の全世界紀行(vol.3南米編)
10/5(土)15:00〜17:00
参加費:3,500円(おつまみ・1drink付き)
ご予約・お問い合わせ:ashiya@colle.me

甲南高等学校の世界史・地理の教師として
教壇に立ちながら、世界の独立国家すべて(当時)に
入国を果たした、冒険家・南里章二先生。

先生が実際に目で見て、その身で体験した世界の風土や様子、その成り立ちを学べる特別授業。
第三回となる今回は、南米編です。

南米にまつわる先生の授業でうっすら覚えているのは、アマゾン川を現地の人が乗る船で下られたり、マチュピチュの遺跡に向かう中で、高山病対策でコカの葉を噛んだり。
そう言った、人々の日常の暮らしの中にどんどん入っていって、その様子を伝えてくださるお話でした。

10月の授業でもきっと、そんな魅力的なお話がまた聴けると思います。

それからもちろん、特別授業のお楽しみ、
現地で先生が食したお料理…の再現は無理ですが、それをイメージした、エスニックなおつまみも登場します。


授業が終わった後、先生を囲んでの懇親会ももちろんありますよ〜!

毎回完売必至の人気イベント、ご予約は下記メールアドレスまで、お早めに!
ashiya@colle.me



2019-07-10

半期に一度の「グループはのん」

おかげさまで今年6周年を迎えたcollé。

でも6年よりずっと前、colléの前身の都画廊時代から、
変わらずこの場所を借りてくださっている方たちが
何組かいらっしゃいます。

なかでも、明日(11日)から2日間開催される
手づくり品の展示即売会、「グループはのん」さんは、1年に二度、ずーーーーっと開催してくださってる手づくり品の、展示即売会。

手づくり雑貨「グループはのん」
7/11(木)・12(金)10:00〜17:00
(最終日は16:30まで)

毎年、7月第1木金曜日と、12月第1木金曜日の開催と決まっているのですが、今年は、ワタクシどもの手違いがあって、1週ずれての開催となってしまいました。

本日(10日)お昼頃から、グループはのんの皆さんが、搬入に来られていましたが、もう何十年もこの場所で展示されている方たちなので、手際が超早い!

12時半ごろから始められて、14時にはすべての展示が終了しておりました。


あっという間に、展示が完了!


欲しいものがいっぱいあり過ぎて、理性がぶっ飛んじゃいそうな2日間。
財布の紐を気にしつつ、ぜひ遊びにおいでください。



2019-07-03

いよいよ明日(4日)から、トルコマルシェ!

今年は、日本におけるトルコ年!だそうです。
現在、日本各地でトルコにゆかりのあるイベントが開かれていますが、なんとその波がcolléまで来ちゃいました。

トルコマルシェ2019
7/4(木)〜7(日)10:00〜19:00
※初日は11時より
※入場無料

トルコ在住の日本人の方々による、食と手づくり雑貨のマルシェ。
明日からの本番に備え、本日はトルコから帰国したばかりの3人の女性たちが、準備をされていました。

組み立てているのは、チャイをサーブする独特のトレイ。
「トルコでは、おっちゃんがこれ持って来るんですよ」とのこと。

お茶をどんな風に楽しんでいるかって、その国の文化の一つのモノサシになる、と思うんですが、トルコがいかにお茶(=コミュニケーションの時間)を大切に考えているかわかる、素敵な茶器ですよね。

さて、マルシェではトルコカフェや、手づくり雑貨の販売が主になるんですが、その中の一部をご紹介していただきました。

カフェでは、先ほどの茶器で供されるチャイや、トルココーヒーが楽しめます。
チャイはチャイダンルックという、この2階建てのヤカンで淹れるそうです。

下にはお湯、上では濃い〜お茶を沸かしていて、注ぐ時は2つのヤカンを左右の手で別々に持って、同時に注ぎます。そうすることで、お茶の濃さを調整できる、という訳なのです。うーん合理的。

また、トルココーヒーは、粉を煮出して上澄みを飲むのだそう。所変われば作法も変わるんですねぇ。
フードは、当日までのお楽しみだそうですが、チョルバというレンズ豆のスープは、トルコの食卓に欠かせないモノなので、きっと出てくるんじゃないかなぁと、期待しています。

また、トルコワインも何本か用意されていたので、お酒好きの方はこちらもお楽しみに!

さて、雑貨の方ですが、たくさんある商品の中から、「まずはコチラ」と出してくださったのが、これ。


イーネオヤというものだそうです。
オヤが編み物で、イーネが針という意味だそうで、要するに縫い針を使った編み物なのですね。
昔はスカーフの縁飾りだけに使われていてそうですが、今はアクセサリーとしてもデザインされているそう。


繊細な手仕事が素敵ですね〜。
初心者の人だと、この葉っぱ一枚つくるにも一日かかるそうですが、ベテランの職人さんともなると花一輪を一時間足らずでつくるのだとか。それにしても、まぁ大変なお仕事です。



こちらは、バッグ。
本革と、手織りの布との組み合わせがおしゃれですよね。
こちらも勿論オールハンドメイド。
布の模様もすべて一点物なので、「良いな、と思ったものに出会えたら買う」のが鉄則だそうです。


また、キーホルダーやコースターなども素敵ですよね。

さてマルシェ期間中は、ワークショップも随時開かれています。
中でも気軽に参加できるのが、エブルのワークショップ。

この素敵な絵画、水の上に絵の具を浮かべて、そこに紙を置いて転写させて完成させるそう。

絵の具は、アイスピックみたいな細い串で浮かせたり、引っ掻いたりして模様をつくったり、絵を描いたりするそう。
奥に見える抽象画のような方が、実は簡単なのだとか。
マーブリングという技法で、2,000円で挑戦できます。
手前のチューリップの絵は、2,500円です。
マーブリングは3歳ぐらいの小さな子でもできるそうですよ(時間はどちらも20〜30分ぐらい)。

予約なしでも、タイミングが合えばチャレンジできますが、できればこちらのアドレスからご予約ください、とのことです。
bebis_accessories@yahoo.co.jp(junko)

楽しそうなものがいっぱいのトルコマルシェ。明日から、ちょっと天気予報は悪いんですが、ぜひ遊びにお越しください。



2019-06-25

稲場信也展、いよいよ最終日!

6月16日にスタートした、「稲場信也展」。
おかげさまで、ご来場されたお客様に大変好評をいただいています。

インスタなどのSNSでの拡散や口コミもしていただき、
お客様にもたくさん来ていただきました。

24日(月)には、作詞家の松本隆先生もご来廊いただきました。

先生、すっかり稲場作品に惚れ込み、お買い上げくださり、
また、ツイッターなどでもご紹介くださいました。

それにしても松本先生ってお洒落です。
まさに、佇まいが絵になります。

おっと、話が逸れました。
そんなわけで、いよいよ最終日を迎える「稲場信也展」
今なら、松本先生のサインも見られます(笑)。

泣いても笑っても、18時までの開催です。
ぜひお見逃しなく!