blog

 

2023-11-08

11月6日から12日はRie Glass Art

幸福な二日酔いで始まった、今週の芦屋。

colléでは6日から、ユニークな展示会が開かれています。

Acryic Art by Rie Matsumoto
11/6(月)〜12(日)11:00〜20:00
※初日は14時から、最終日は19時まで

アクリルやガラスの板の表面を独自の技術で手彫りして、唯一無二の世界観を演出する、Rie Glassアート。

工芸家・松本梨江さんが生み出し、進化し続けているRie Glass(@Rie.Glass)さんの展示会です。


こちらの作品は、大好きというワインのエチケットとRie Glassアートのコラボ。
マニア垂涎の有名なワインばかりで、総額は数百万円を越すとか!

モノクロームなのに、華やかさが感じられる作品群はクリスマスのホームデコレーションに、ギフトにぴったり!

これまでにないアートフルなクリスマスを演出しちゃいましょう



2023-11-03

11/3・4・5は「植物礼賛Ⅷ」

秋晴れ…というよりは、まだ夏日が続いている芦屋です。
でも、素晴らしく晴れた3連休、ぜひお出かけいただきたい展覧会が、今日から始まります。

亀井良子ボタニカルアートグループ総合展「植物礼賛Ⅷ」
11/3(金)〜5(日)10:00〜17:00
※初日は13:00から、最終日は16:00まで

今年上半期のNHKの朝ドラ「らんまん」でも話題となった植物画。
科学と芸術が一体となった、世界的にも人気の高いアートで、
そのルーツはなんと、古代エジプトにまで遡るのだそうです。

関西で長く活躍されている、植物画家・亀井良子さんが主宰する教室展。
さまざまな個性で描かれた、多彩な植物画が、まさに百花繚乱といった雰囲気です。

また一画では、気軽なお値段で買えるジクレーのコーナーがあったり、パール・パール・コウベさんのアクセサリー販売も行われています。



2023-10-24

10月24日から「布と遊ぶ刺繍」展

やっと秋らしい、気持ちのいい季節になってきましたね。
colléでも芸術の秋にふさわしい個展が開かれます。

上田和美作品展〜布と遊ぶ刺しゅう〜
10/24(火)〜29(日)10:00〜16:00

上田さんは、2021年にcolléで初個展を開かれたのですが、
刺繍という世界の奥深さを感じさせてくれる、素晴しい展覧会でした。
2年ぶりの個展も楽しみすぎて、昨日、搬入途中の会場にお邪魔して、ちょっと写真を撮らせていただきました。

…と、ここまでの写真だと、正直何が良いかよく分からないと思います。
小さな作品ばかりで、見応えがなさそう、と思われる方もいるかもしれません。
確かに小さな作品が多いのですが、上田作品の魅力は一見では分からない、でも良く見ると何時間でも見ていられるような奥行きの深さなのです。

例えば、この作品。

遠目で見ても、もちろん美しいのですが…


アップで見ると、その作り込みの繊細さに驚き、そして見れば見るほどどんどん新しい発見があって、本当にずっと見ていられる楽しさがあります。

今回は、ご友人のテディベア作家の方の小展示もあったり。


クリスマスをモチーフとした小品や、ポストカードなど、気軽に購入できるアイテムも充実しています。
10月29日(日)までの開催。ぜひご覧になってください。



2023-10-17

10月17日より「やっぱりエスニック!vol.4」

秋晴れの気持ちいいお天気ですね!
そんな最高の空のもと、今日からcolléでは楽しいイベントが開かれます!

やっぱりエスニック!Vol.4
10/17(火)〜22(日)11:00〜18:00
※最終日は17時まで

早くも4回目を数える、colléでもすっかりお馴染みの「やっぱりエスニック」。
初日の今日、ちょっとお邪魔して写真を撮らせていただきました。

布、アクセサリー、かご、服、日用品…。
旅先で出会う、民族の歴史や文化を感じる手づくり品が大集合しています。

こんな可愛い、空飛ぶ豚くんもいるのです。
ぜひ会場で探してみてくださいね〜!



2023-09-22

9月22日から24日まで、Nunoé(ぬのえ)展!

今日から3日間のcolléをご覧になった方は驚くに違いありません!

ゴッホに、ルノワール、ロートレックに、若冲まで…。
古今東西の名画が勢揃いして、あたかもルーブルかメトロポリタン美術館の一室のよう!

と言っても、もちろん本物ではありません。
これらは、「Nunoé(ぬのえ)」
本日から24日まで開かれる、このイベントの展示品なのです。

Nunoé(ぬのえ)芦屋展示会
9/22(金)11:00〜20:00
9/23(土)・24(日)9:00〜18:00

Nunoé(ぬのえ)とは、絵画の名作を、特殊な布に専門家がプリントした、文字通り「布絵」のこと。
しかし、間近で見ても本物と見まごう、精巧なつくりが魅力です。

さらに、もう一つ魅力があって、布ですのでどの角度から見ても光の反射が無く、鮮明な作品を堪能することもできるのです。
額縁は、奈良県川上村の工房で、職人が丁寧に磨きあげた吉野杉を使用し、工芸品としても高い価値を誇っています。
そんな、Nunoé(ぬのえ)がcolléに初登場!
三日間限りの、展示販売会です。



  • 2024年5月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • 最近の投稿

  • アーカイブ