blog

 

2018-12-31

今年もありがとうございました。

大晦日ですね。
colléは今年も一年、たくさんの方に使っていただきました。

今年は特に、個展をしてくださった方が、
「次の展示も楽しそうだから…」と見に行ってくださったり、
「私の次に個展される方、なんとお友達だったのよ!」
なんて素敵な偶然もあったりと、
ご縁がつながることの多い一年でした。

そうそう、「お友達の個展をお手伝いしたら、
私もここで何かやりたくなっちゃって」
なんて、嬉しい数珠つなぎもあったんですよ。

来年も、そんな素敵な風景がたくさん見られますように。
2018年、本当にありがとうございました。
2019年もよろしくお願いします。



2018-12-26

28日(金)夜は、Chaya Bar忘年会!

クリスマスも終わり、いよいよ今年も押し迫ってきました。
巷は忘年会真っ盛り!もちろんcolléでも忘年会がありますよ〜!


Chaya Bar忘年会
12月28日(金)19:00〜
参加費:3,000円(飲み放題)
※フードは各自一品持ち寄りでお願いします。

「え?ちょっと待って、Chaya Barって何?」
と思った方、いますよね?

colléでその昔、「collé Bar」という
金曜日の夜だけ開くウィークリーバーを開いていたことを
覚えている方も多いと思うんですが、
Chaya Barも、まさに金曜限定で開かれているバーなのです。

店主はこの方、茶屋ちゃん。
colléスタッフと同い年ということもあり、
私たちもほぼ毎週、お客さんとして通わせてもらってますが、
バー自体は、collé主催ではありません。

ワインはもちろん、ハイボールも美味しいと人気です。
これまでブログやホームページでは告知していなかったのですが、
実は7月から、ほぼ毎週金曜の夜に開いているんですよ
(展示などの都合でお休みになることもあります)。

そして今年最終営業日の28日は、
3,000円で飲み放題という、太っ腹な忘年会を開きます。

ただし、フードは一品持ち寄りです。
どこかで買ってくるもよし、自分で作って持ってくるもよし、
colléのキッチンで自慢の腕をふるうもよしです。

一年の最後を、飲んで食べて笑って過ごしましょう!
特に予約は必要ありません、お気軽にお越しくださいね。



2018-12-08

本日(8日)初日、押絵展!


三野和子押絵展
12/8(土)〜14(金)11:00〜18:00
※入場無料

古い着物などから取れる古布でつくる、
押絵の世界を探求し続ける、三野和子さん。

2004年にcolléの前身である都画廊で個展を
開かれて以来、久しぶりの芦屋でのお披露目です。


2012年日本手工芸展芸術新聞社賞を受賞。
歴史の香りと、四季の彩りを感じさせる、
押絵の世界。


是非実物を見にお越しください。



2018-12-05

6日・7日は「グループはのん・クリスマス手づくりフェアー」

早いもので、もう12月。師走です。
そしてcolléの12月と言えば、恒例の大人気イベントが開かれます。

グループはのん・クリスマス手づくりフェアー
12/6(木)・7(金)10:00〜17:00
(最終日は16:30まで)

1年に2回、七夕の頃と12月初旬の今頃開かれる、手づくり雑貨の販売会。
学生の頃、手芸が好きだった仲間で立ち上げたグループだそうですが、
最近は若い方も参加して、さらに楽しく活動を続けてらっしゃいます。

今日もお昼頃から、賑やかに会場づくりをされていましたよ。

クリスマスアイテムはもちろん、

お正月を迎えるグッズも豊富にラインアップ。

入学・入園のお子さんに嬉しい、お稽古バッグもありましたよ〜。

今年の7月は、大雨の中でもたくさんのお客様が詰め掛けられた、大人気イベント。
今回も開店直後は大混雑が予想されますが、
人気のアイテムは早めにゲットしないと無くなっちゃうし…と、
なかなか悩ましいイベントです。

ぜひ、お出かけください。



2018-11-27

本日(27日)初日!露菜マトリョーシカ展

いよいよ今日(11/27)、colléで注目の展示会が初日を迎えます。

露菜マトリョーシカ個展
11/27(火)〜12/3(月)10:00〜18:00
※入場無料

プロのマトリョーシカ作家・露菜さんは、芦屋市在住。
なんと、colléと同じ船戸町にアトリエを構えてらっしゃいます。

マトリョーシカと言えば、当然本場はロシア。

露菜さんはモスクワに留学され、
現地のマトリョーシカ作家さんに師事された後、
2002年に芦屋市にマトリョーシカ工房を開かれました。


写真のマトリョーシカは、なんと20体ワンセット。

現在、芦屋と名古屋に教室を構え、
今回の個展では、その生徒さんたちの作品も同時展示されます。

今年の個展が12回目という露菜さん。
すでに全国にファンの方も多く、メディアでも注目されています。
今週からいくつかの新聞でも情報を掲載していただいてますが、
本日の神戸新聞では、記事として取り上げられています。

さらに今回のマトリョーシカ展では、地下のcollé caveで、ロシア製マトリョーシカの展示も行っています。

これらは90年代末から2000年代初頭の、ソ連からロシアに変わるその混乱期の物が多く、資料としても貴重だそうです。

ちなみに地下のコレクションは、露菜さんのお母様・ゆうこさんの物なんですが、この方はアコーディオン奏者でもあって、展示期間中毎日14時半から、ライブ演奏をされます。

可愛くって、独創的で、奥深いマトリョーシカの世界を、ぜひご覧ください。